space top shadow_r

日本種苗新聞

top
種苗新聞の購読申し込み
会社概要
kiji
種苗リンク
お問い合わせ

 

全国種苗業者名鑑
18年度版
お申込はこちらへ

 


shinbun

種苗業界の情勢、野菜、花の種、苗の優良品種、おいしい野菜、こだわり野菜などの最新の品種情報をお届けします!


 

 日本種苗新聞は種苗業界の業界紙として昭和24年に創刊され、全国唯一の業界紙として今年創立68年を迎えました。各地で開催される野菜、花きの品種審査会、品評会、食べ比べなどの結果を掲載しています。
 また野菜、花きの優良品種、及び優良資材を広く普及させ、日本農業の維持、発展に貢献しております。種苗業界における各団体の総会などを取材し、現在の問題点及び今後の方針などの情報を発信しております。
 さらに種苗会社が発売する野菜・花きの新品種、新資材の情報、また、現在消えつつある、伝統野菜・地方野菜(原種・固定種)を積極的に取り上げ、既存品種の維持を助長しています。今後もわが国の種苗業界の発展のために国内、及び国外に取材網を拡げつつ、情報を発信する考えであります。日本種苗新聞は皆様のご期待に応えます。

 

 新着トピックス(2017/07/21発行-第2245号)

(記事の詳細は本紙面をご覧ください。見本紙のお申し込みはこちらから)

■第63回全日本花卉品種審査会 
「TX-895」タキイ種苗が1等特 さわやかな印象初夏彩る 2018年以降の販売検討中

■第68回全日本野菜品種審査会・トマト(大玉・夏秋どり)
樹勢は強めに推移最終、10点差内の接戦か

■米国ハナミズキ 100周年記念
順調に育つ友好の木 全国各地に3061本植栽

■雪印種苗役員を選任
赤石真人社長は続投

■「強み」のある農畜産物創出への取り組み 4-2
千葉県 「房州中太しょうが」 加工特性の検討行う 連携して地域振興へ結ぶ

■「強み」のある農畜産物創出への取り組み 4-3
神奈川県 「もみじスティック」 安定供給見通し立つ 周年栽培可能な研究継続

■pickup優良品種
9月まき

■緑肥使ってみませんか8
雑草との決戦は5月 法面で威力発揮する曲丸

■ナント種苗 特別見学会
羅皇シリーズに注目 白緑肉メロン「P-022」整枝栽培なら糖度20度

■サカタのタネ トルコギキョウ「マキア」を立ち上げ
2品種の種苗 12月発売

■雪印種苗・野菜フィールドデイ 
一押しはエダマメ「神風香」 香り・甘味・旨味揃う

■タキイ種苗 「カリカリくん」発売中
種まきがスムーズに 門外不出の道具を公開

■浜松市認定協
栽培体系の確立へ 土壌分析で生物性を強化

■日本の野菜作付 この10年
青森県 突出するゴボウの増加 ヤマノイモから転作容易

 


 

■第63回全日本花卉品種審査会 
−「TX-895」タキイ種苗が1等特 さわやかな印象初夏彩る 2018年以降の販売検討中−

 第63回全日本花卉品種審査会ペチュニア(大鉢栽培)の部は6月30日、東京都農林総合研究センターで開かれた。出品22品種中3品種に、病害が認められたため除外し、19品種について審査の結果「TX-895」(タキイ種苗)が、平均点85・56点を得て、1位1等特別賞を獲得した。2位2等は「スーパーチュニアビスタミニピンクスター」(ハクサン)3位3等は「スーパーチュニアビスタミニブルースター」(同)4位3等は「ギュギュパープル」(タキイ種苗)5位3等は「EX-476」(同)の順となった。

1位1等特別賞の「TX-895」(タキイ種苗)


ペチュニアの作柄をチェックする審査員たち


■第68回全日本野菜品種審査会・トマト(大玉・夏秋どり)
−樹勢は強めに推移最終、10点差内の接戦か−

 第68回全日本野菜品種審査会・トマト(大玉・夏秋どり)の部1次審査は7月4日、青森県八戸市農業経営振興センターで開かれた。審査の結果は左表の通りで、次回の最終審査は同所で8月下旬に行われる予定。トマトの審査会は2013(平成25)年7月の千葉県農林総合研究センターでの開催以来4年ぶり。八戸市農業経営振興センターでの全日本の開催は初めて。青森県の夏秋トマト出荷量は、1万4900tで全国7位(平成27年)。八戸市周辺も指定産地になっている。それだけに栽培管理も行き届き、高得点が出た審査会となった。


■米国ハナミズキ 100周年記念
−順調に育つ友好の木 全国各地に3061本植栽−

 日米友好の木「ハナミズキ」の苗木が、100年の時を超えて再び米国から贈呈され、日本全国に植栽され順調に育っている。キャロライン・ケネディ駐日米国大使は、苗木の受け入れと養生、全国への配布と植栽を担当した埼玉・ハギワラ樹木研究所のオーナー・萩原俊廣樹木医に感謝状を贈呈。東京都立園芸高校で平成27年4月10日に開かれた「ハナミズキ百年祭」に出席、記念植樹され、OBや生徒たちと交流された。

東京都立園芸高校構内に植栽され、順調に育つ米国ハナミズキ。(左は徳田安伸統括校長、右は萩原俊廣オーナー)


■雪印種苗役員を選任
−赤石真人社長は続投−

 雪印種苗は、6月29日に第67回定時株主総会、取締役会を開き役員を選任、それぞれの役職に就任した。新


■「強み」のある農畜産物創出への取り組み 4-2
−千葉県 「房州中太しょうが」 加工特性の検討行う 連携して地域振興へ結ぶ−

 千葉・安房地域は歴史のあるショウガ産地だが生産が減少傾向にある。主な栽培品種は形の大きい「近江」「三州」で、これらの栽培面積の増加とともに、古くから栽培されていた形が中程度の「中太」は栽培面積が減少している。一方、地元のショウガ加工業者からは、特色ある加工品の素材として、地元産のショウガを求める声がある。


■「強み」のある農畜産物創出への取り組み 4-3
−神奈川県 「もみじスティック」 安定供給見通し立つ 周年栽培可能な研究継続−

 外観、肉色とも赤(紅)色のダイコンは、これまでほとんどなかった。従って種子の供給量も限定的だが、収穫時期が通常11月〜2月であるものを、3月〜6月に拡大できれば、外食産業を通じたブランド化が進むと考えて、産地ブランド発掘事業に取り組んできた。その結果、ここ2年間の実証試験を通して、3月〜6月までの供給ができ、周年安定供給の見通しが立ち、展望が開けた。


■pickup優良品種
−9月まき−

 ハクサイ「晴黄60」(タキイ種苗)グリーンリーフレタス「ノーチップ」(横浜植木)


■緑肥使ってみませんか8
−雑草との決戦は5月 法面で威力発揮する曲丸−

 毎年3月中旬頃から畑まわりの草刈りを始めます。5月に入ると気温も上がり、雑草の生長スピードも速くなって草刈りの回数が増えてきます。この雑草をそのままにしておくと種が畑の中に入ってきたり、害虫の棲家になったりします。有機JASでは圃場のまわりでも除草剤の使用は認められていません。当ファームの圃場は、昔の水田を基盤整備して10a程度の区画水田にするところを、減反政策のあおりで盛り土して、畑地に変更した経緯があります。


■ナント種苗 特別見学会
−羅皇シリーズに注目 白緑肉メロン「P-022」整枝栽培なら糖度20度−

 ナント種苗は6月28、29の両日、奈良・宇陀育種研究農場で特別見学会を開いた。スイカ、メロン、トマト、カボチャなどの最新品種が栽培展示され、約150人の来場者に向け、ブリーダーたちから各品種の特性や栽培上の注意点などの説明が行われた。来場者が最も注目したのは大玉スイカの「羅皇」シリーズ。「羅皇」は第65回全日本野菜品種審査会で農林水産大臣賞を受賞しており、ツルバテしにくい、空洞・裂果が出にくい、肉質がしっかり硬いなど多くの特性を持つ。発売から2年目で、全国のスイカ産地で高い評価を得ている。

スイカについて詳しく説明するナント種苗の担当者と、熱心に聴く来場者たち


■サカタのタネ トルコギキョウ「マキア」を立ち上げ
−2品種の種苗 12月発売−

 サカタのタネは、トルコギキョウの新ブランド「マキア(Maquia)」を立ち上げ、中大輪セミフリンジ八重咲きF1新品種「マキアルージュ」と「同ライトピンク」の2品種の種苗を今年12月から発売する。予約は7月10日から始めている。「マキア」のメーンコンセプトは「一般消費者にはカジュアルな使いやすさを、生産者には安心して栽培できる作りやすさを提供する」。

「マキア ルージュ」


「マキア ライトピンク」


■雪印種苗・野菜フィールドデイ 
−一押しはエダマメ「神風香」 香り・甘味・旨味揃う−

 雪印種苗は7月6日、千葉研究農場で野菜フィールドデイを開いた。収穫適期を迎えたエダマメ、コマツナ、スイートコーン、カボチャに絞ったもので、担当者は品種の特長や栽培の注意点などを来場者に説明した。一押しはエダマメの新品種「神風香=かみふうか(SB1021)」。香り・甘味・旨味を兼ね備えた、同社のエダマメブランド「豊潤の味わいシリーズ」の3品種目。茶豆風味の極早生種で、莢は極大莢。3粒莢の割合が高く、同社調べでは半分以上とのデータもある。逆に1粒莢が少なく出荷調整作業(特に1粒莢除去)が大幅に軽減できる。

3粒莢の割合が多いエダマメ「神風香」


コマツナ「のりちゃん」の葉数が10枚もあるとPR する雪印種苗の担当者


■タキイ種苗 「カリカリくん」発売中
−種まきがスムーズに 門外不出の道具を公開−

 タキイ種苗は、野菜や花の種子が、セルトレイやポットに播きやすい、ハンディーな種まきツール「カリカリくん」を7月3日から全国の種苗店、園芸店などで売り出している。「カリカリくん」は、タキイ種苗が、門外不出の手製の道具として開発。同社研究農場のブリーダー(品種育成の専門家)たちが、長年にわたって野菜や花の種子を1粒ずつ、トレイやポットに播く時の専用道具として使ってきた。

ハンディー種まきツール「カリカリくん」


■浜松市認定協
−栽培体系の確立へ 土壌分析で生物性を強化−

 浜松市認定農業者協議会(影山雅也会長)は6月26日、浜松総合庁舎で「新たな土づくりチャレンジ事業」の説明会を開いた。平成29から31までの3年間、農林水産省の委託事業として、最新の土壌分析技術を用いた土づくりの実証実験を行う。農業の基本は土づくり。土づくりには土の硬さや水はけなどの物理性と、土壌中の栄養素などの化学性、それに肥料の分解を助ける微生物の生物性の3要素のバランスが必要とされている。物理性と化学性の土壌分析技術は既に確立しているが、生きた微生物の実態を測定する生物性の分析はこれまで困難だった。

あいさつする影山雅也会長


■日本の野菜作付 この10年
−青森県 突出するゴボウの増加 ヤマノイモから転作容易−

 


 

 

 

 

 

space Copyright (C)JAPAN SEED NEWS PAPER. All Rights Reserved.