space top shadow_r

日本種苗新聞

top
種苗新聞の購読申し込み
会社概要
kiji
種苗リンク
お問い合わせ

 

全国種苗業者名鑑
18年度版
お申込はこちらへ

 


shinbun

種苗業界の情勢、野菜、花の種、苗の優良品種、おいしい野菜、こだわり野菜などの最新の品種情報をお届けします!


 

 日本種苗新聞は種苗業界の業界紙として昭和24年に創刊され、全国唯一の業界紙として今年創立65年を迎えました。各地で開催される野菜、花きの品種審査会、品評会、食べ比べなどの結果を掲載しています。
 また野菜、花きの優良品種、及び優良資材を広く普及させ、日本農業の維持、発展に貢献しております。種苗業界における各団体の総会などを取材し、現在の問題点及び今後の方針などの情報を発信しております。
 さらに種苗会社が発売する野菜・花きの新品種、新資材の情報、また、現在消えつつある、伝統野菜・地方野菜(原種・固定種)を積極的に取り上げ、既存品種の維持を助長しています。今後もわが国の種苗業界の発展のために国内、及び国外に取材網を拡げつつ、情報を発信する考えであります。日本種苗新聞は皆様のご期待に応えます。

 

 新着トピックス(2016/08/01発行-第2210号)

(記事の詳細は本紙面をご覧ください。見本紙のお申し込みはこちらから)

■第63回千葉県野菜品種審査会表彰式
ニンジン「七彩」(フジイシード)が農水大臣賞

■第62回花卉品種審査会ペチュニア(初夏花壇)の部
Sチュニア ビスタ ミニピンクスター(ハクサン)が1等特別賞

■農水省最新農業技術・品種2016 5-1
イチゴ新品種「よつぼし」 年内収穫ができる

■pickup 優良品種 
9月まき

■図解でよくわかる土・肥料のきほん50
緑肥 収穫せずにすき込む 環境に優しい良土作り進む

■無花粉にびっくり 
世界初のトルコギキョウ サカタのタネ

■食味勝負 大玉カボチャ
スイートコーンは耐倒伏性 雪印種苗

■60品種を展示紹介
「ラビアージュ」人気呼ぶ カネコ種苗

■第61回全日本花卉品種審査会講評
入賞は11点、65社 タキイ種苗22点でトップ

■TPPをめぐる情勢と今後の対応策8
保護政策手厚い米国 日本の対応頼りにならず

 


 

■第63回千葉県野菜品種審査会表彰式
−ニンジン「七彩」(フジイシード)が農水大臣賞−

 第63回千葉県野菜品種審査会の表彰式は7月11日、プラザ菜の花(千葉市)で開かれた。昨年行われたトウモロコシ、ニンジン、ホウレンソウの各審査結果に基づく表彰式で、ニンジン「七彩」(フジイシード)に農林水産大臣賞が贈られた。関東農政局長賞はトウモロコシ「MSG-1151」(武蔵野種苗園)、千葉県知事賞はホウレンソウ「黒葉ルーキー」(中原採種場)、千葉県議会議長賞はニンジン「アヤジェンヌ」(フジイシード)、日本種苗協会長賞は、ホウレンソウ「ユアーズ」(カネコ種苗)が獲得した。

農林水産大臣賞を授与されるフジイシード代表(右)


■第62回花卉品種審査会ペチュニア(初夏花壇)の部
−Sチュニア ビスタ ミニピンクスター(ハクサン)が1等特別賞−

 第62回全日本花卉品種審査会ペチュニア(初夏花壇)の部は7月15日、千葉県農林総合研究センターで開かれた。審査の結果、1位はハクサンが出品した「スーパーチュニアビスタミニピンクスター」が91・88点と稀に見る高得点で1等特別賞を獲得した。2等も「スーパーチュニアビスタミニブルースター」「スーパーチュニアサクラフロート」の2品種が高得点で入賞し、ハクサンが上位を独占した。3等はサルサ「ライトブルー」「クリームイエロー」「ピュアホワイト」(タキイ種苗)「ヨコハマモーニンググロウ」(横浜植木)だった。

コンパクトにまとまっている1 位1 等・特別賞を獲得したハクサンの「スーパーチュニア ビスタ ミニピンクスター」(B-20)


ペチュニアの立毛を採点する審査員たち


■農水省最新農業技術・品種2016 5-1
−イチゴ新品種「よつぼし」 年内収穫ができる−

 イチゴの種子繁殖型品種「よつぼし」は、その名の通り、種子から育てることができる新品種。育苗の省力化と、種苗産業化を実現した品種である。従来のイチゴは、栄養繁殖性。子苗・ランナーを切り取って株分け増殖される。その増殖率は、年間40培程度と低い。加えて親株から子株に伝染する病害虫やウイルスが問題になっている。イチゴの種苗は、主に都道府県単位の種苗供給体制で供給されている。しかし、右に示した課題を抱えていることから、各都道府県供給体制の大部分が、厳しい運営状況にある。


■pickup 優良品種 
−9月まき−

 コマツナ「こいしい菜」(カネコ種苗)コカブ「白寿」(武蔵野種苗園)


■図解でよくわかる土・肥料のきほん50
−緑肥 収穫せずにすき込む 環境に優しい良土作り進む−

 緑肥とは、作物に養分を供給するために圃場で栽培し、収穫せずにそのまま土壌にすき込む植物のこと。すき込んだ後に土壌中で腐熟し、肥料になる。緑肥にはレンゲ、クローバー、クロタラリア、ヘアリーベッチなどのマメ科植物のほか、菜の花ソルゴー、エンバク、ライムギ、ヒマワリなどがよく利用される。硫安や尿素などの安価な化学肥料が流通する以前は、窒素肥料になるものは貴重で、人間の糞尿や雑魚と共に緑肥もよく使われていた。1940年頃までは、レンゲや青刈りダイズなど、マメ科の緑肥作物が盛んに栽培されていた。


■無花粉にびっくり 
−世界初のトルコギキョウ サカタのタネ−

 サカタのタネは7月7、8の両日、三郷試験場(長野県安曇野市)で第25回トルコギキョウ見学会を開いた。生産者を対象とした見学会で、新品種を中心に、試交品種を含めトルコギキョウ約60品種を紹介した。中でも世界初となる無花粉のトルコギキョウを発表、来場者を驚かせた。今回の新技術は、細胞質雄性不稔性を利用し育種したもので特許も取得している。雄しべが退化しているため花粉は出ないという画期的なものだ。

雄しべがない無花粉タイプ(左)従来品種(右)


■食味勝負 大玉カボチャ
−スイートコーンは耐倒伏性 雪印種苗−

 雪印種苗の野菜フィールドデイは7月7日、千葉市稲毛区の千葉研究農場で開かれた。7月1日の東京都野菜・花き種苗改善審査会で1位を獲得したコマツナ「のりちゃん」やエダマメのほか、カボチャやスイートコーンの試交品種も披露、梅雨晴れで気温がグングン34℃まで上がる中、参加者は熱さに負けない熱い質問を投げかけていた。

カボチャの品種特性についての説明を聴く参加者


■60品種を展示紹介
−「ラビアージュ」人気呼ぶ カネコ種苗−

 カネコ種苗は7月6〜8日、波志江研究所(群馬県伊勢崎市)でトルコギキョウ展示会を開いた。中生〜中晩生タイプを中心に試交品種も含め約60品種を紹介した。注目の新品種は昨年広島県で開催された第61回全日本花卉品種審査会で1等特別賞を獲得した「ラビアージュ」。ピンク絣の花色で大輪八重の中晩生種。高温期の開花、定植でも花弁の重ねが良く、草丈とボリュームも確保しやすい。草丈の確保しやすい品種にありがちな、茎折れや葉先焼けも少ない。

注目のトルコギキョウ新品種「ラビアージュ」


■第61回全日本花卉品種審査会講評
−入賞は11点、65社 タキイ種苗22点でトップ−

 日本種苗協会主催の第61回全日本花卉品種審査会授賞式は、第66回全日本野菜品種審査会授賞式に引き続いて6月15日、東京・上野精養軒で開かれ農林水産大臣賞、食料産業局長賞などが授与された。市村一雄審査長・大臣賞選考委員長の入賞品種講評のポイントをまとめた。入賞は65点、11社。タキイ種苗の入賞22点がトップ。次いでサカタのタネの12点、カネコ種苗、ミヨシグループの各8点、ムラカミシードの5点、住化農業資材の4点、横浜植木の2点、トキタ種苗、石井育種場、八江農芸、福花園種苗の各1点が入賞した。


■TPPをめぐる情勢と今後の対応策8
−保護政策手厚い米国 日本の対応頼りにならず−

 


 

 

 

 

 

space Copyright (C)JAPAN SEED NEWS PAPER. All Rights Reserved.